健康保険を使える症例と使えない症例(自費治療)


健康保険を使えるのは「怪我」だけです。

鍼灸治療なら保険を使える例もあります。
鍼灸治療はこちら

自費治療の薦め

健康保険が使える例

  • 寝ていたら、ふくらはぎが攣り、歩いた時に痛む。
  • 朝、起きたら首が痛くて動かせない。
  • サッカーの練習中に足首を捻った。
  • 階段を降りていて踏み外し、転倒、負傷した。

これらは全て怪我です。

怪我をして症状があったなら、早めの来院をお薦めします。日にちが、経ち過ぎると施術期間も長期化傾向になります。

自分で様子見だ、と判断して間違った行為をすることも、長期化の一因です。

中には患者さんが気付かない場合や、判断することが難しい怪我もたくさんありますのでご相談ください。

これらの怪我を症例で分けると、次のようになります。

健康保険が使える症例

  • 骨折をした
  • 脱臼をした
  • 捻挫をした
  • 打撲をした
  • 肉離れをした

接骨院で使える保険は

  • 国民健康保険
  • 前期・後期高齢者保険
  • 共済保険
  • 母子・父子家庭医療助成
  • 協会健康保険
  • 各種組合健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険
  • 重度心障者医療助成
  • 生活保護者医療扶助

労災・自賠責保険が使える例

怪我の原因や状況により、健康保険ではなく、通勤・労働中労災や自賠責保険が適用される場合もあります。

通勤労災・労働中労災が使える例

  • 仕事中、仕事の行き帰り途中での怪我

自賠責保険が使える例

  • 交通事故の被害者になって、身体の一部を痛めた

治療費は、当院より保険会社へ直接請求するので 自己負担金はありません。

自賠責保険を使った、治療の流れ

  1. 1 病院で検査・診断を受けて、「診断書」をもらってください
  2. 2 当院を受診していただき、問診・検査を行い、早速、治療です。
  3. 3 治療を受けてご納得いただけたら、賠償を受ける保険会社に当院で治療を続けることを連絡し
    てください。

健康保険が使えない例

既に健康保険を使っている場合

  • 他の病院に通院中だけど、接骨院でも同じ部位の治療をしてもらいたい

怪我以外の場合

  • 疲れてくると強くなる腰の痛み
  • 妊娠中や生理前の腰から背中の張り
  • ジョギングの繰り返しによる慢性筋肉痛
  • 季節の変わり目に起こる神経痛
  • 身体の歪みの検査
  • 肩こり
  • 以下の特殊施術(完全予約制)
Mキューブ波を使用した、お腹周りの引き締め。

コース50分

お腹周りの引き締め
Mキューブ波を使用した、顔の筋(表情筋)のコリを改善。

コース30分

顔の筋のコリを改善
耳つぼダイエット・プラス食事指導。

コース20分

プラス食事指導コース
ページ上部へ戻る