接骨院とはどのような所?

接骨院とは

治療内容

  • 次のような特徴があります。
  • 患者さんとのコミュニュケーションによる、原因追及
  • 薬(投薬)や注射を使わない治療
  • 痛くない治療
  • 昔からの手当(手技)治療
  • 良くなるまでの、経過の説明
  • 予防の為のアドバイス
接骨院の先生は、「柔道整復師」という国家資格を取得しており、怪我に対して健康保険を使用して診察を行うことが出来ます。。
健康保険を使える症例と使えない症例(自費治療)はこちら

どんな治療をしてくれるの?

例えば怪我に対しては、骨折の無血整復と固定、脱臼の整復、捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)の初期処置と後療法を行います。

具体的には

  • 患部を冷やす冷罨法
  • 患部を温める温罨法
  • 患部に電気を流す電療法
  • 内側から患部を温める温熱療法
  • 施術

などになります。
これらの治療により、身体の関節や筋肉の痛みを和らげます。

接骨院・整骨院・ほねつぎ・整形外科・整体・マッサージの違い

接骨院・整骨院・ほねつぎの違いは

接骨院・整骨院・ほねつぎの違いは

「接骨院・整骨院・ほねつぎはどこが違うの?」とよく質問がありますが、名前が違うだけで、 みんな「柔道整復師」という資格を持っています。
個人的には、柔道整復師の業界の為にも紛らわしい呼び名が統一されることを願っています。

整形外科との違いは?

整形外科との違いは

整形外科の先生は「医師」という国家資格を取得しています。
整形外科では、レントゲン検査、投薬、手術、MRI検査を行うことが出来ます。
これらのことは柔道整復師にはできませんが、

  • 病歴などを確認する問診
  • 触診
  • 視診
  • 関節の動く範囲を確認する可動検査
  • 直接または道具を用いて押す・引く・上げることが出来るかを確認する徒手検査を最大限に活用し治療を行います。

整体・マッサージと違うの?

整体・マッサージと違うの

「接骨院・整骨院」と「整体院」を同じと思っている方が多いですが、「国家資格」を持っているか持っていないかの大きな違いがあります。
マッサージ院は、国家試験「あん摩、指圧、マッサージ師」資格を取得しています。

よくある質問!

他の病院で月に2回ほど、膝が痛くて注射をするために通院しています。
接骨院での同部位の治療もしたいのですが、できますか?
治療はできます。
しかし自費治療での対応となります。
同部位の治療には、健康保険は使用はできません。

交通事故でも治療を受けられますか?
交通事故でも治療できます。
治療費用は加害者側の自賠責保険を使用するので、被害者(怪我をされた方)の負担はありません。
自賠責保険が使える例はこちら

コルセットやサポーターの販売はしていますか?
当院では、患者さんに合ったサイズのコルセットやサポーターをご用意しています。数日で治る可能性のある方(数日しか使わない症状)には、無料の貸し出し用のコルセットやサポーターも用意しております。

以前、接骨院に通った時、暫くして「保険者委託業務会社」より治療に関する細かい問い合わせの書面がきました。
きちんと書くことができなかったのですが、接骨院に通ったらまた書面がくるのでしょうか?
その可能性はあります。間違って記入すると全額自己負担となるかもしれません。細かい問い合わせの書面が来た場合には、適当に記入せず、当院にご確認ください。
健康保険の種類にもよりますが、千葉県や一部の○○組合保険では、後期高齢者医療保険まで委託業者に「保険が本当に必要かの審査」をゆだねています。そのため全ての方に治療に関する細かい問い合わせの書面が送られてきてもおかしくありません。

当院にも一度、患者さんが全額自己負担となりうる再審査請求の返戻がありました。その当時83歳の患者さんの元には、当院での半年前の治療の問い合わせ書類が届きました。そこに他の整形外科の内容を書いて出したため、患者さんの記入内容と当院が提出しているレセプト内容との食い違ってしまったため、再審査請求の返戻があったのです。
対応はとりましたが、解決したという連絡は、再審査請求をしてきた業者からは現在もありません。

健康保険を使える症例と使えない症例
(自費治療)を見る

ページ上部へ戻る